屋上防水、屋上緑化、太陽光発電、環境にやさしい屋根のことならアーキヤマデ

施工事例

葛飾区立四ツ木中学校

  • 種別 シート防水
  • 下地 金属下地(折板/耐火デッキプレート/瓦棒屋根など)

LCS工法におけるメリットに着目され採用。 雨音の遮音性能も評価ポイントに。

解説

LCS工法は、断熱材と塩ビシートで構築することから、断熱性能に優れ、屋根への荷重負担が軽く、さらに工程の短縮が出来るためコストパフォーマンスに優れるといったメリットがあります。それに加えて、雨音の遮音性能があるため、学校での防水改修で採用されました。
(現場レポート31号に掲載)

事例詳細

件名 葛飾区立四ツ木中学校
構造 RC造
施主 葛飾区役所
施工 株式会社フジ
建物の種類 学校教育施設
下地 金属下地(折板/耐火デッキプレート/瓦棒屋根など)
機能 高反射
所在地 東京都 葛飾区
仕様・規模 LCSアンカー固定断熱工法
MIHD-COOL15S:1,019m2
設計・監理 葛飾区役所
施工時期 H29.8〜H29.10
新築/改修 改修
断熱工法 外断熱工法
防水施工 グロリー防水工業株式会社
シート固定方法 アンカー固定

製品や施工に関することなど、お気軽にお問い合わせ下さい。

お客様からよくいただくご質問やお問い合わせは 「Q&A」 でもまとめています。

  • お問い合わせ
  • 資料請求
  • デジタルカタログ
  • CADデータ

ページトップへ