屋上防水、屋上緑化、太陽光発電、環境にやさしい屋根のことならアーキヤマデ

システム記号 : MIHFD-SW15NU

非歩行・LCS工法(新築・耐火デッキプレート用仕様)

  • 非歩行仕様(点検可)
  • 外断熱工法

防水システムイメージ図。出入隅部のL型受け鋼板は0.8から1.2mmを使用し、0.8mmの場合はFL鋼板はLCS工法用7穴を使用してください。

新築・耐火デッキプレート向け。外断熱仕様のリベットルーフ防水システム

屋根30分耐火認定を取得したデッキプレートを用いた下地に対応した防水システムです。デッキプレート上に断熱材を敷設し、リベットルーフ防水シートを敷き込みます。使用シートは「リベットルーフSW」1.5mm。断熱材は、硬質ウレタンフォームの「FLボードNU」です。※対応するデッキプレートはページ下部のQ&Aを参照ください

下地 金属下地(耐火デッキプレート)
使用シート リベットルーフSW

工程

平場部の主要工程(概要)

  • 断熱材敷設
  • 断熱材目地部処理
  • FL鋼板、IH断熱ディスク固定
  • リベットルーフ敷設
  • リベットルーフとFL鋼板の溶融着接合
  • リベットルーフ相互の接合
  • リベットルーフとIH断熱ディスクの誘導加熱接合

注意事項

● デッキプレート端部(平場周辺部など)およびパラペット天端に、所定の受け鋼板や捨て笠木が固定されていること。
● 屋根の出入口付近やタラップの昇降部分付近は、断熱材の沈み込みや踏み抜きの対策が必要な場合がありますので、ご相談ください。
● 立上りのボード類、受け鋼板、捨て笠木は別途工事とします。
● デッキプレート端部、突合わせ部などには、遮炎性を満たす処置が必要です(別途工事)。
● 風荷重は建物の立地条件、建物高さ、部位や下地によって異なります。条件により標準・強風・超高層仕様を設定しています。強風仕様の場合、LCS接着工法となります。

※立上り部アンカー固定工法の場合のシステムイメージ図※図は一例です。パラペットの形状などにより、他の納め方をご提案させていただく場合があります。

システム仕様

システム名称 非歩行・LCS工法(新築・耐火デッキプレート用仕様)
工法 アンカー固定工法(機械的固定工法)
使用シート リベットルーフSW
断熱工法 外断熱工法
歩行仕様 非歩行仕様(点検可)
日本建築学会JASS8仕様 参考となる仕様(ノ)
システム記号 MIHFD-SW15NU
下地 金属下地(耐火デッキプレート)
防水層の厚み 1.5mm
新築/改修 新築 

製品や施工に関することなど、お気軽にお問い合わせ下さい。

お客様からよくいただくご質問やお問い合わせは 「Q&A」 でもまとめています。

  • お問い合わせ
  • 資料請求
  • デジタルカタログ
  • CADデータ

ページトップへ