屋上防水、屋上緑化、太陽光発電、環境にやさしい屋根のことならアーキヤマデ

製品情報 一覧へ

防水システムを探す

【プール防水】アクアキューブ[塩ビ樹脂系防水システム]

  • 写真
  • 写真

水密性の確保はもちろん、安全性、美しさも実現するプール防水で求められる全てに応えるシステム

  • 「アクアキューブ」イメージ図
  • 「コリドール」イメージ図

プール本体は「アクアキューブ」防水システム。プールサイドは防滑性床ビニルシート「コリドール」。

アーキヤマデのプール防水システムは、プール本体部分の防水層構築に「アクアキューブ」防水システム、プールサイドには防滑性床ビニルシート「コリドール」を用います。本体部分では的確な防水性能を発揮し、プールサイドでは歩行性能を確保。鮮やかな色合いでデザイン性も良好です。「防水性能」「安全性」「デザイン性」、三位一体のトータルソリューションを提案します。

美しい仕上がりと高い水密性を両立

「アクアキューブ」防水システムでは、塩ビ樹脂系防水シート「YKプールシートG」を用いて防水層を構築します。シート相互を溶着し一体化させる工法を採用。接合強度と水密性を確保しつつ、プール表面を美しく仕上げます。また、防水層はプール底面に対して部分的に固定しているため、地震や不動沈下によって下地に亀裂やクラックが生じても、防水層に影響が及びにくい構造となっています。

  • YKプールシートG
  • シート相互の溶着イメージ

塗膜のハガレがないため、歩行時の安全性を確保できます

塗装材のように経年劣化でハガレが生じる心配はありません。そのため、プール利用者がはがれた塗装材でケガをする事を予防できます。

プール本体における、さまざまな材質に対応する工法

コンクリート下地はもちろん、鉄、アルミ、ステンレス製などさまざまな金属製プールにも対応できるシステムとなっています。金属製下地の場合、スタッド溶接機を用いてスタッドピンを下地鋼板に溶接します。

図

金属製プールではスタッドピンを使用して防水シートを固定するための鋼板を固定

プール本体に生じた亀裂やクラックなどの影響を受けにくい工法

防水層はプール底面に対して部分的に固定しているため、地震や不動沈下によって下地に亀裂やクラックが生じても、防水層に影響が及びにくい構造となっています。

プール本体部分に亀裂やクラックが生じても、防水層が傷つきにくい「浮かし張り」の構造

防滑性ビニル床シート「コリドール」を周辺部に用い、安心かつ快適なプールサイド

防滑性ビニル床シート「コリドール」は、プールサイドでの歩行が、安全かつ快適に行えるように配慮されたカラーリングシート。表面の防滑パターンと滑りにくい素材特性で快適な歩行感が得られます。

写真

施工事例

  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真

50年以上積み重ね続けた採用実績。

多様な形状の屋上。さまざまなタイプの下地。
お客様の抱える課題に応えてきた「実例集」、それがアーキヤマデの採用実績です。

製品や施工に関することなど、お気軽にお問い合わせ下さい。

お客様からよくいただくご質問やお問い合わせは 「Q&A」 でもまとめています。

  • お問い合わせ
  • 資料請求
  • デジタルカタログ
  • CADデータ

ページトップへ