屋上防水、屋上緑化、太陽光発電、環境にやさしい屋根のことならアーキヤマデ

製品情報 一覧へ

防水システムを探す

[大切な建物を守る屋上防水]リベットルーフ 塩ビ樹脂系防水シート

  • 写真
  • 写真

防水システムとしてのトータルソリューション

アーキヤマデが提案する、多様な施工条件に応える「防水システム」。その中核は、塩ビ樹脂系防水シート「リベットルーフ」。

建物の防水は単一の防水材だけでは完成しません。
さまざまな部材、そして防水層を構築する工法も重要です。
アーキヤマデは防水層の中核である塩ビ樹脂系防水シート「リベットルーフ」とともに、
工法などの研究・開発も行い、「リベットルーフ防水システム」としてお客様に提案を差し上げます。

図

図

特長

紫外線カット、耐候性の向上、機械的強度の確保。多層構造がそれぞれの機能を担い、建物を守ります。

耐候性、耐久性に優れた塩化ビニル樹脂を主原料としており、夏期・冬期の寒暖差の影響を受けにくい特徴があります。

1枚のシートが多重構造となっており、それぞれの層が役割を担い、一体となって高品質な防水シートを形成しています。
特にMMA樹脂層は独自テクノロジーの結晶。紫外線をカットし、耐候性を向上させます。

リベットルーフ断面イメージ ※一部シートを除く

  • リベットルーフ相互の融着
  • リベットルーフ相互の溶着

[特徴01]高い水密性

シート相互の接合部を溶着剤や熱風で溶融着して一体化させるため、抜群の接合強度を発揮。
接合幅や溶融着の手法にも配慮することで、高い水密性を確保します。

シート引張試験で強度を検証

写真

[特徴02]豊富なカラーバリエーション

あらかじめ着色されたカラーシートで、意匠効果の高い防水層を形成します。また、「リベットルーフ」は耐候性に優れているため、紫外線や熱による退色が少なく、意匠性の維持にも貢献します。

写真

[特徴03]優れた耐久性・耐候性

1枚のシートが多重構造となっています。それぞれの層が、「紫外線カット」「耐候性の確保」「寸法安定性の維持」「機械的強度の保持」などの役割を担い、一体となって高品質な防水シートを形成しています。

[特徴04]さまざまな検証試験で実証された高い品質

屋上からの現物サンプリング、人工光源を用いた促進暴露試験やアリゾナ砂漠での屋外暴露試験など、
さまざまな検証試験を実施し、品質の確認と確保に努めています。

  • アリゾナでの屋外促進暴露試験
  • 超促進耐候性試験
  • 人工促進暴露試験

製品ラインナップ

ニーズに応じてお選びいただける、5種類をラインナップ。

建物の高さや施工場所の気候、求める機能など、防水シート選定ではさまざまな条件を考慮する必要があります。アーキヤマデではこれらの諸条件に対応するべく、さまざまなタイプの防水シートを用意し、ニーズに応えます。

写真

リベットルーフSGM

JIS A 6008一般複合タイプ

  • MMA樹脂層
  • 1.5mm/2.0mm

アーキヤマデの主力防水シートです。紫外線を遮断するMMA樹脂層を積層し、長期間にわたる変退色の恐れを低減。クロス層には、ガラスクロスを採用し寸法安定性に優れています。

写真

リベットルーフSW

JIS A 6008補強複合タイプ

  • MMA樹脂層
  • 1.5mm/2.0mm

紫外線を遮断するMMA樹脂層を積層し、長期間にわたる変退色の恐れを低減。クロス層には、ポリエステル樹脂製の補強クロスを採用。柔軟性や繰り返し疲労・耐熱性能に優れ、金属下地向けの弊社独自工法である「LCS工法」などに適しています。

写真

リベットルーフCOOL

JIS A 6008 補強複合タイプ

  • 太陽光高反射
  • MMA樹脂層
  • 1.5mm/2.0mm
  • グリーン購入法適合品

「リベットルーフCOOL」は、太陽光を効率よく反射し、ヒートアイランド現象を抑制する効果のある防水シートです。室内への熱流入を抑制し、空調負荷の軽減効果が期待できます。

写真

リベットルーフHP

JIS A 6008 補強複合タイプ

  • 高耐久タイプ
  • MMA樹脂層
  • 2.0mm

長寿命を目的とし、特殊配合により製造された高耐久グレードの防水シートです。紫外線や熱による物性の変化が少なく、変退色もわずかという特長があります。

写真

リベットルーフナイン

JIS A 6008 一般複合タイプ

  • 1.5mm/2.0mm

「リベットルーフナイン」は、引張・引裂強度、寸法安定性、耐摩耗性に優れ、アーキヤマデが提案する「リベットルーフ防水システム」の接着工法に適した防水シートです。

MMA 樹脂層

防水シート表面に特殊アクリル樹脂「MMA」を積層していることを示します。

1.5mm/2.0mm

防水シートの厚さについてのラインナップを示します。

太陽光高反射 高耐久タイプ

防水シートの付加的機能を示します。「太陽光高反射」は、赤外線を効率よく反射する太陽光高反射シートを意味し、「高耐久タイプ」は高耐久グレードの防水シートを意味します。

グリーン購入法適合品

「国等による環境物品等の調達の推進等に関する法律」、いわゆるグリーン購入法に適合した製品であることを示します。

工法について

施工条件に応じた工法をご提案いたします。

物の高さ、下地の種類、屋根の形状などによって選ぶべき工法は異なります。
施工条件に応じて最適な工法をご提案いたします。

機械的固定工法(IH工法)

専用金具を下地や断熱材上に設置・固定し、その上から防水シートをかぶせ、専用金具と防水シートを接合する工法です。防水シートを下地面に全面的に固定しないため、亀裂などの劣化や躯体の振動などの影響を受けにくい特長があります。

IH工法のメリット

  • 多様な下地に対応
  • 工期の短縮化
  • 施工品質の均一化
  • 湿潤な下地でも施工可能

写真

あらかじめ下地面に「IHディスク」を設置・固定。その後、「リベットルーフ」を被せ、誘導加熱装置を用いてIHディスクを加熱。上面に積層された特殊接着剤が溶けて、リベットルーフと強固に一体化します。

接着工法

伝統的な防水シートの固定工法です。シートを全面的に下地に固定し、固定力を確保。風荷重への配慮が必要な場所に適した工法です。断熱材を用いた仕様など、本工法に対応した幅広い防水システムのラインナップを用意しています。

接着工法のメリット

  • 下地に対して全面的に接着するため固定力が強い
  • 伝統的な固定工法であること
  • 断熱材を用いた多様な仕様をラインナップ

写真

【リベットルーフ】 リベットルーフの使用上の「維持管理事項」はこちら

施工条件に合う防水システムをご提案します

防水システムを探す

施工事例

  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真

50年以上積み重ね続けた採用実績。

多様な形状の屋上。さまざまなタイプの下地。
お客様の抱える課題に応えてきた「実例集」、それがアーキヤマデの採用実績です。

製品や施工に関することなど、お気軽にお問い合わせ下さい。

お客様からよくいただくご質問やお問い合わせは 「Q&A」 でもまとめています。

  • お問い合わせ
  • 資料請求
  • デジタルカタログ
  • CADデータ

ページトップへ